本文へスキップ

北海道で唯一のペンション村, アットホームなふれあい、ポテト共和国

ポテト共和国  代 表 窓 口

 〒048-1511 北海道虻田郡ニセコ町ニセコ  ポテト共和国 

ポテト共和国の予約受付の窓口は、毎年4月から、窓口の担当ペンションが入れ替わります。
予約の際 担当したペンション・オーナーが、修学旅行の実施の際も 責任を持ってすべてを取り仕切り させていただきます。
各ペンションとも、何回も窓口を担当していますので よろしく おまかせください。   ご要望があれば 何なりとおっしゃってください。

ペンションが不在で、連絡がつかないことがありましたら、、
前後の年の、担当窓口に ご遠慮なく連絡 ならび FAXを送ってください。

●平成29年4月以降〜平成30年3月 の予約に関して、
ペンション 
コットン
ファーム
電話 0136−58−2227   
オーナー 水上 武史・ 直子 FAX 0136−58− 2247
●平成30年4月以降〜平成31年3月 の予約に関して、 
 ペンション ペラリ  電話 0136−58-2763  
オーナー 大井 司       FAX 0136−58−2142
旅行社 先生方へ
 最新の資料で、ご案内させて頂いておりますが、詳細に関しましては、各ご担任の先生より 予約窓口へお問い合わせくださいませ。
自然がいっぱいのニセコで、楽しい修学旅行が実施できますよう、8軒のペンションが一生懸命、お手伝いさせていただきます。
 ぜひ一度、お尋ねくださいますよう、案内申し上げます。

修学旅行の受け入れ の流れ 到着時

ポテト共和国のイラストMAPを参照してください。
宿泊日の前日には、前泊地などから最終確認のために電話連絡を、担当者までお願いいたします。
人数の増減がありましたら、宿泊ペンションの、どの部屋が増えた、減った、また夕食数が、どうなるかなど、具体的に変更点を教えてください。

 夕食は 6:00頃に予定しています。 到着時間を17:30頃までに調整いただければ幸いです。

、ポテト共和国は、ニセコ町の市街部から、10kmの距離です。
ニセコの道の駅(ニセコの入り口)付近から 添乗員さんは、担当ペンションに最終の連絡をください。
ここから、およそ10分でポテト共和国に来ることができますので、これを合図に、各オーナーが駐車場まで出迎えにいきます。

ニセコアンヌプリスキー場の 第3駐車場で、生徒さんとポテト共和国大統領はじめ 各ペンションのオーナーが 一同に対面する「入国式」が行えます。
 バスから降りて、整列してください。ポテト共和国大統領が挨拶、各オーナーも、自己紹介をした後 学校さん側の連絡事項などの確認などしていただいています。
 
 各ペンションまで オーナーが 誘導します。遠いペンションまででも、徒歩7分ほど。

 悪天時や時間がない時は、入国式を飛ばして 直接、バスをペンションにつけて、直接入館することを お勧めします。

ニセコアンヌプリスキー場の第三駐車場は、大型バスが10台ほど駐車できる大きな広場です。 
 晴れていましたらスキー場や ニセコアンヌプリの頂上まで望めるビューポイントです。
 ここで、集合写真をお撮りになる 人気のビューポイントです。
 ここは、地区の防災避難場所にもなっており 非常時・災害時にも安心な場所です。ヘリポートとして も利用できます。

 第三駐車場では、夜の時間に、ファイアーストームなども開催できます。
 有料(\10,000〜)になりますが、ポテト共和国で ファイアーストームの準備もいたします。
滞在中は、第三駐車場にある 公衆便所もご利用いただけます。

学校さんによって宿泊ペンションに 担任の先生が同宿される場合と、生徒さんとは別に 先生、引率者は、本部ペンションにまとまって宿泊される場合があります。

緊急の事故、疾患が起こった場合、羊締山麓消防署の救急車、消防車が、10〜20分で 到着して 病院に連れて行くことができます。16:00以降でしたら、翌朝までは緊急外来を受け付けているのは、隣町の倶知安厚生病院で(車25分)です。

オーナー家族とのふれあい、アットホームなおつきあいゲストルーム

体験メニューが充実

ゲストルーム

ニセコには、たくさんの体験業者があり、インドア、アウトドアでのいろいろなアクティビティーの体験を呼びかけています。

 修学旅行向きの 体験といえば アウトドアでは、ラフティング、ダッキー、カナディアン・カヌー、渓流釣り、乗馬、マウンティンバイク、沼巡りのトレッキング、登山、フットパスのウォ−キング、
 
インドアーでは、 JAMづくり、アイスクリームづくり、ガラス工芸、トールペインティング、シルバーアクセサリづくり、レザークラフトなどです。


NISEKOは、世界中で注目のリゾート

ゲストルーム

ニセコのスキー場は、世界的にもウインターリゾートとして注目され、毎年世界中からパウダースノーを目指してスキー・スノーボードのお客様が集まります。

 2016年度のウインターシーズンには、広域ニセコエリア(ニセコ町・蘭越町・倶知安町)で延べ人数、50万人以上の集客にのぼっています。
 滞在の中心は、コンドミニアムが立ち並ぶ、ニセコひらふのゲレンデなので、この混雑を避けたアンヌプリスキー場は、スキー修学旅行には、最適なロケーションです。
 冬シーズンは、大きな学校さんは、難しいですが、100名前後の人数なら ポテト共和国におまかせ、ペンションの分泊でお受けできます。


まるで、修学旅行に特化したようなロケーション

ゲストルーム

ポテト共和国のあるところは、小樽・積丹・ニセコ国定公園の中、標高400mのニセコのスキー場です。無雪期には、白樺の森の中のペンション村、ちょうど長野県の上高地のような、人里離れた自然環境に立地しています。
 本州から来られた方は、北海道らしいさわやかさと、雄大さを感じられます。
スキー場に面したペンション村すが、建物はペンションのみで、他のホテルや住宅、お店も一切ありません。教育旅行の宿泊地としては、極上の条件です。


食事の高い満足度

ゲストルーム

ポテト共和国は、オープンして30年前後の経験豊富な宿泊施設の集まりです。
各施設のオーナーたちも、ここで子供を育ててきた経験を持っているので、生徒さんの気持ちや要望は、よくわかります。
 旬の地元の食材を使って おもてなしします。
 熱いものは、熱いまま食べていただき、冷たいものは、そのまますぐに給仕します。
 少人数の施設なので、アットホームなもてなしができます。
 おそらく生徒さんも ホテルの食事より おいしかったと言ってもらえることと思います。 
 できれば、一番楽しかったのは、ペンションだった という感想をいただければと 頑張っています。

オーナー家族とのふれあい、食事の高い満足度